看護師

心筋梗塞やメニエール病とは治療しがいがある病気|完全回復への挑戦

心筋梗塞の外科治療

そのサービスの利用方法

医者

心筋梗塞とは心臓から血を送り出すという役割を持っている冠動脈が動脈硬化などといった理由で冠動脈が詰まったりするような状態を言います。胸に痛みを感じるなどの異常を感じたら、心筋梗塞の手前である狭心症という病気の可能性もありますので速やかに治療することが必要です。心筋梗塞は酷い場合は発症して死に至ることもあります。心筋梗塞については内科的な治療も行いますが、バイパス手術などの外科手術で治すことができます。そのようなサービスを利用するには、心臓血管外科などといった専門の病院を受診することが必要です。初診で受診できる病院もありますし、かかりつけの医院の紹介状が必要な場合もありますので、異常を感じたら速やかに受診することが必要です。

心筋梗塞の治療の注意点

心筋梗塞の外科的治療では、バイパス手術と言って損傷していない別の血管を使って心臓から血液を送り出すという方法があります。そのほかには内科的な治療法やカテーテルを使って血栓を取り除くという治療法があります。 バイパス手術は、成功すると生活にも支障がなくなる反面、身体にも負担がかかりますのでしっかりとリスクを理解したうえで治療をすることが必要です。手術費用も高額になりますので、しっかりと納得したうえで行います。 心筋梗塞の治療法はさまざまなですし、医療技術は進歩しています。たとえば、セカンドオピニオンなどを利用して自分の心臓の状態を確認し最適な治療法を行います。そのためには、信頼できる医療機関と出会うことも必要です。